学園理念

私たちいいづな学園は 自らが幸せな人生を選び取る 自由で確立した人間を育てます いいづなの自然の中で五感を育み 感性豊かな子どもを育てます

理事長からのあいさつ

 

 10年以上の長きにわたり理事長を務められた宮澤脩氏を始めとする関係者皆様のご推薦を受け、微力ながらも、後任の理事長を務めることになりました仁科です。  いいづな学園で学ぶ子どもたちの未来のために全身全霊で尽力していく所存です

 

21世紀は、個性化と多様化そして高度情報化の時代と言われ、日本のいろいろな場所で、新しい教育を掲げた学校がスタートしています。

 

   私たちの学園は、長野市郊外飯綱高原の恵まれた自然の中にあり、かけがえのない「子ども期」の自由な心を大切にし、競争よりも様々な人々と共に学ぶ共感を、また四季折々の変化の中で、教科書だけでなく、自然や動物と出会い、手と体を使って学ぶ本当の知恵を大切にした教育を理想としております。五感をフル使って気づき、体を使って行動し、自らの頭で考え実践していく力を育み、幸せな自分の人生を選び取る自由で独立した人を育てます。

 

   どの子も自分らしく精一杯幸せになって欲しい。日本の幸せな明日を拓くために、どうぞ皆様のご指導とご支援を心よりお願い申し上げます。

 

 

学校法人いいづな学園理事長 仁科 惠敏