本園は、長野県長野市北部、標高1,050mの飯綱高原に位置しています。

春は水芭蕉、夏はホタルが飛び、秋は見事な紅葉、冬は雪の中にすっぽりと包まれます。

はっきりとした四季の中、起伏のある園庭には、自然のままの林や野原、沢があります。

近隣には飯綱・戸隠をはじめ豊かな森や山をいだき、それらのフィールドを活かし、自然を主軸にした教育を行っております。

本物の自然や生き物に触れる中で実体験を大切にし、幼児の五感をフルに働かせて感じて楽しむ…そういった中で友だちと遊びを創造しています。

 


2018年度 幼稚園の二期が始まりました!!

 

子どもたちは遊びを通して、様々な学びをしています。

これは実体験でしか味わうことが出来ないでしょう。

 

 こどもの森の日々の活動の様子は「こどもの森日記」をご覧下さい。

 

←園庭遊具:通称黒トンネルをソリで勢いよく滑る年少児たち

こどもの森幼稚園 ブログ こどもの森日記

こどもの森幼稚園の紹介

こどもの森幼稚園ってどんなところ? Q&Aのご紹介